大学新入生へ。PCやコピー機を買う必要はない理由を書いていく。

 

大学へ入学すると、新入生の中には「PCを買わないといけないの?」と思う人がいるかもしれないが、ぶっちゃけ文系なら買う必要はないと思ってます。私はノートPCを買ったが、大学の課題をする上で必要があったかと言われれば、無かったですね。学校の設備で十分だと思う。

理系ならプログラミングの授業でパソコンが指定されている場合もあるので、あくまで文系学生の新入生に向けて書いていきます。

 

大学にはPCレンタルのサービスがある

例えば、慶応大学なら、無料でPCの貸し出しサービスをしています。その他、ほとんどの大学でも在学生に対してPCの無料貸し出しサービスを行っています。買わなくても、レポート作成ぐらいなら十分これでできます。

大学が販売しているPCは高額

理系で高スペックなPCが必要というパターンを除くと、別に文系なら、レンタルか安いノートPCでいけますね…。自分は入学時に大学のPCは買いませんでした。どう考えてもボッタクリです。

その他、PC以外でも、USBとか事務用品も大学構内で買うと割高なんですよね。ちゃんと買う前にネットで調べましょう。それが得策です。

プリントアウトも無料でできる。

大学入学時に安いコピー機を買いましたが、要らなかったですね。大学内にコピー機は腐るほどあるし、コンビニにも置いてあるし…。最近では、コンビニでプリントアウト無料のサービスもありますね。 わざわざ買う意味はないかなぁ。

 

USBは必要ない…?

PCとコピー機まで言ったので、周辺機器と言えばUSBの話も。大学の資料の保存にUSBを買えって言われるかもしれませんが、別に無くても大丈夫じゃないのかな?と思っています。

大概の大学には、PCに学生固有のIDとPWでログインしたら、ファイルを保存できる場所が割り当てられていたりするし、今の時代なら「Dropbox」や「Evernote」などのオンラインストレージサービスで画像やら文書ファイルも保存できますしね…。

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム