PSvitaで出来ることまとめ。

 

数年前にPSvitaを購入しました。まぁ、ゲーム屋で衝動買いです。買う前にもっと機能を調べておけば良かったなぁと後悔してます。なので、自分なりにVitaでできることをまとめて書いていきます。

 

・カメラ

PSvita内蔵のカメラで撮影することが出来ます。インカメラもあります。が、それほど綺麗に撮れません。iPhoneの内蔵カメラの方が断然キレイです

 

・near

位置情報を利用して、周りにいるプレイヤーがどんなゲームを楽しんでいるか見ることができるアプリ

オンラインIDを公開するに設定すると、周りのプレイヤーと、最近どんなゲームで遊んでいるかお互いに伝え合うことができます。レーダー上に、周りのプレイヤーでどんなゲームが流行っているのか表示することができます。遊んでいると「トレジャーパーク」という無料アプリで使用できるアイテムを獲得できます

 

・トレジャーパーク

マインスイーパーのようなゲーム。nearで獲得したアイテムを、このアプリ内で使用できる。自宅や外出先でnearを起動、他のプレイヤーを検索、アイテムを獲得してトレジャーパークで使うという流れだと思います。ゲーム自体はシンプル。

 

・ブラウザ

オマケ程度ですが、ブラウザ機能があります。Sonyのゲーム機のブラウザは、毎回操作性が駄目だったりするのですが、vitaはまだタッチスクリーンがあるので操作はしやすい方だと思います。が、タブレットやPCの方が快適なので、ほとんど使うことはありません。

 

・Email

ほとんど使用することはないですね。ただ、Vitaで保存したスクリーンショットや画像を転送するときに便利です。添付して送信すれば、別の機器で画像を受け取れます。

GmailやYahooMailを利用している人は良いかもしれません。がVitaでメールやるメリットってあんまりないですよねぇ…。

 

・メッセージ

PS4やPS3よりはタッチパネルがあるので文字が打ちやすい。フレンドとメッセージのやり取りをする人はVitaがあると楽かもしれません…が、スマホの「PSmessage」というアプリがあるので、そっちの方が楽だったりします。

 

・リモートプレイ

PS4やPS3から映像を受信して、PSvitaで操作することができるシステムです。本体の電源をオンにして、VitaがWifiに接続できていれば外出先でもプレイできます。

ですが…回線の速度によっては遅延が起きたり、Vitaのパッドが小さいので操作が難しかったり…難点が多いです。

関連記事:使ってみて分かった「PS4のリモートプレイ」の良いとこ悪いとこまとめ。

 

・PSnow

PS3のゲームをダウンロードしながらプレイできます。本体にゲームをインストールする必要がなく、Wifi環境さえあればゲームができます。月額約2,000円ほど。

ですが、PSvita上でのPSnowのサービスは2017年8月15日に終了です。Vitaの良さがますます減っていきますね…。

関連記事:PSnowに1か月入会したので、感想を書いていく。

 

・動画サービス、音楽サービス、ラジオサービス

DMMやU NEXT、Twitch、ニコニコ動画、Hulu、アニマックスなどが利用可能です。アプリ自体のインストールは無料で、必要に応じて会員費を払います。Youtubeがあってほしかったですね…。ブラウザで観れますが…。

ラジオ視聴アプリ「radiko」もあります。無料でラジオが視聴できますね。

LiveTweetをインストールして、ツイッターアカウントとリンクすると、PSvitaでもツイートの確認やつぶやきができます。

 

・ウェルカムパーク

Vitaの基本的な操作をパズルなどの簡単なゲームを通して学べるアプリ。なぜかトロフィー対応をしているので、実績解除好きの人はいいかもしれません。

 

以上が、本体を購入するだけで付いてくる機能と無料でダウンロードできるアプリをまとめたものです。

Youtubeのアプリがあってほしかったですね…。ゲーム機なので、仕方ないのですが。アプリの多さやブラウザーの使いやすさを求めるならVitaはオススメできませんね。そもそもゲームがメインですし。

別記事で意外と知らない便利機能についても書いています。そちらもどうぞ。

関連記事:意外と知らないPSvitaの便利な機能まとめ。

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム