ブログのネタが思いつかないときにするべきこと。

 

ブログのネタが思いつかないときってありますよね。私もブログの記事数が150を超えたあたりから、だんだんネタがなくなり行き詰ってました。

ですが、別のブログで見かけた「ネタがないことをネタにしろ」という言葉が衝撃的で、今も胸に刻んでます。なので、今回は「ネタが思いつかないときにした方がいいこと」を書いていきます。

 

・図書館を利用する

図書館なら本を無料で利用できます。自分の趣味の本でもいいし、ブログの運営やSEO、Wordpress関連の本を借りてもいいです。

特定のジャンルの本を数冊借りて、「読んでみて分かった○○系の本のオススメを紹介します」という記事を書く…など何でも切り口はありますよね

 

・自分の周りを見渡してみる

ブログのネタがなくても、自分の使っているもの、食べているものを紹介すれば十分記事になります。

例えば、

「いつも使っている財布がある」→「自分の財布を紹介する」→「財布のアフィリエイトを掲載」

「コンビニをよく利用する」→「コンビニ買って良かった商品の記事を書く」「コンビニごとの商品の比較記事→「商品アフィリエイトを掲載」

などなど…。

いくつでもネタは転がっているので、いつでも拾えるように意識しておくと良いと思います。

 

・企業案件を探してみる

ブログのネタがないなら、企業案件を活用しましょう。新商品や試作品をモニターとして体験して、それをSNSやブログで紹介することで報酬を獲得しながら、自分のブログの記事も増やすことができます。

 私は「レビューブログ」を使っています。企業が出している案件に参加希望を出して、採用されれば自分のブログに記事を書きます

報酬を獲得しながら、ブログの記事も増やせます。「青汁」「健康食品」「ダイエット」の案件が多いですね。私は、リリース前のアプリのと新商品の洗剤の案件を受託しました。ブログだけではなくて、TwitterやInstagramでの記事でも報酬が発生する案件もあります。

 

・失敗を記事にする

過去に失敗したことを記事にしましょう。何でも構いません。

例えば、当サイトの記事を挙げると…

大学を中退しようと思っている人へ。 私の大学中退までの経緯。

「お名前.com」がクソすぎたので、ドメインを移管した話。

セルフカットはやめておけ! 失敗したらこうなるよ…。

この辺なんて、完全に失敗談です。ですが、失敗を失敗のままにするのではなく、ブログ記事として昇華することが大事だと思いますどんな些細な失敗でもネタになります。それで記事を書きましょう。

 

・ASPの広告を調べてみる

ASPとは、アフィリエイト・サービス・プロバイダーの略です。簡単に言うと、商品を宣伝したい企業とフィリエイター(商品を紹介する人)との仲介サービスですね。

ASPにログインして、何が広告に出ているかを確認するといいかもしれません。例えば、クレジットカードの広告があれば、実際に入会してみた感想を書いて記事にすることができます。FXや健康食品、ウォーターサーバー、クレジットカード、美容品が人気ですね。

ただ、ASPで単価が高くて人気のある広告は、競合相手も多いので苦労します。私もクレジットカードの記事を書きましたが、競合相手が多すぎてなかなか検索上位にはなりませんね…。

 

代表的なASPをいくつか挙げると…

A8.net・・・業界最大級の登録サイト数、広告主数を誇る。日本アフィリエイト・サービス協会の調査では6年連続でアフィリエイト満足度No.1を獲得しています。

もしもアフィリエイト・・・W報酬システムを導入しているASP。W報酬とは、広告主からもらえる通常報酬に加えて、「もしも」からもボーナス報酬を提供する、業界初の仕組のこと。通常報酬がある人全員に「もしも」から10%のボーナス報酬を獲得できる。

この2つは登録しておいて損はないと思います。

 

・ネタがないのをネタにする

はじめにも書きましたが、「ブログのネタ」がないことを「ネタにする」ぐらいになればいくらでも記事は書けます。例えば…

「ブログのネタが思いつかなかったときの対処法」

「ブログのネタが思いつかなかったので、私がやってみたこと」

「ブログのネタが思いつかないときは、○○すれば解決できる!」

「ブログのスランプを乗り切るコツまとめ」

などなど…。ネタがないことをネタに記事を書くことは可能です。まさに、この記事がそうなのですから。

 

Amazonの注文履歴を見る

かなりベタな方法ですが、自分の買ったものをレビューしましょう。

ですが…何買ったか覚えてないという方はAmazonの注文履歴を見ましょう。もちろん、Amazonじゃなくてもいいですよ! 楽天市場やYahoo!ショッピングでも構いません。

 

・連想ゲーム

自分の行動からいろいろ連想して記事を書きましょう。

私はゲームを買ってプレイするのが趣味なのですが、これだけでも沢山ネタがあります。
・ゲームを買うのにおすすめのサイトまとめ
・ゲームのレビュー
・ゲームを買い取りのおすすめサービス
・ゲームの攻略記事
・ゲーム買取サイトの比較
・ゲームを安く買うコツ
・ゲームを高く買い取ってもらうコツ
・ゲームをするときに役立つグッズ
・ゲーム中の疲れ目対策
・発売直後のゲームを最速クリアしてレビューや攻略記事を書く
・シリーズ作品なら過去作との比較の記事
ゲームを買ってプレイするだけでもこれぐらいの量の記事を書けますよ。

 

まとめ

・図書館を利用する、本から知識を得る

・自分のまわりを見渡してみる

・などで企業案件を引き受ける

・自分の失敗を記事にする

・ASPに登録してみる

・ネタがないのをネタにする

・Amazonの注文履歴を見る

・連想ゲームのように想像する

 

以上です。 ブログのネタに困ったら試してみて下さい!

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム