【PS4】無料でFPSをプレイする方法まとめ。

 

こんにちは。今回は「PS4を使って無料でFPSをする方法」を書いていきます。PS4のFPSって何だかんだお金がかかるんですよね…。マルチプレイをするなら「PSplus」という有料会員必須だったり、ソフトが有料だったり…。

 

無料トライアル・テストを利用する

期間限定でFPSのゲームが無料で開放されているときがあります。PSstoreを定期的にチェックしましょう。過去には「レインボーシックスシージ」や「オーバーウォッチ」などのFPSが期間限定で無料でプレイ可能でした。

『レインボーシックス シージ』2月3日よりPS®4版無料トライアルと期間限定半額セール実施!

『オーバーウォッチ』無料体験版をPS Plus加入者向けに期間限定配信! 25%OFFのお得なセールも開催中!

ただ、期間は短くて、大体3,4日で終了します。プレイし続けたければ料金を払わないといけません。

 

北米アカウントを作成する

北米のアカウントを取得すれば、海外のストアで配信されている無料のFPSをダウンロードできます。ただ、海外アカウントの取得はグレーゾーンなので、自己責任でお願いします。

2017年5月時点で北米のPSstoreで無料でダウンロードできるFPSゲームをいくつか紹介します。

 

BlackLight Retribution

海外PSstoreで配信されている無料FPS。アイテム課金制のため、当然課金しているプレイヤーが有利だが、ある程度上手ければ無課金でも十分戦える。キルを続ければ火炎放射器などの特別な武器を呼び出したり、ロボットを出現させたりすることができる(CoDシリーズのキルストリークと似ている)。画質やキャラデザインなどはBF、CoDなどの有名FPSタイトルには劣るが、無料ゲームでここまでできるのは凄い。

 

PlanetSide2

超大規模FPS。基本プレイ料金無料のアイテム課金制のゲーム。バトルフィールドのコンクエストに似ている。プレイヤーはメディックやエンジニアなどのキャラクターを選択して、固有のアビリティ(仲間を回復したり、デバイスを修理したり…)を活用して立ち回る。ゲームの目的は、エリアを確保すること。3つの陣営に分かれてひたすら陣地を奪い合います。同時接続人数は数千人という驚き。規模で言えばFPSの中ではトップではないでしょうか。

HAWKEN

無料版タイタンフォールと言い換えると分かりやすい。ただ、タイタンフォールと違いパイロット(いわゆる人間)の操作はできない。ロボットvsロボットのみなので、人と人で撃ち合いたい!という人は不向きかもしれない。タイタンフォール2をプレイした身としては、HAWKENは画質やデザインは劣りますね(無料ということを考えると当然ですが)。ですが、無料のロボットゲーとしてはかなり高いクオリティを誇ると思います。

 

PALADINS

オーバーウォッチ風のヒーローFPS。様々なアビリティを持ったキャラクターを使って撃ち合うFPS。アメコミ風キャラが好きなら気に入るかもしれません。オーバーウォッチやりたいけどお金ないよ…という人は是非。

 


北米のPSIDを取得して、海外尾PSstoreの無料ゲームをダウンロードすればお得に遊べます。一部のゲームは日本語化されていて遊びやすくなっているものもあるので、是非プレイしてみて下さい。

 

PSplusに加入する

無料…ではありませんが、自分のプレイしたいFPSのタイトルがPSplusのフリープレイとして配信された月だけ会員になるという方法があります月々500円ほどでプレイできます。デメリットとしては、フリープレイのゲームは契約期間中でしか遊べません。

PlayStation®Plus提供コンテンツ 11月の更新情報!

過去には「キルゾーン シャドーフォール」や「キルゾーン マーセナリー」などのタイトルが配信されています。

 

値崩れしたゲームを買う

これも無料…ではありませんが、Amazonなどの通販サイトで中古のFPSゲームが格安で販売されていることがあります。(関連記事:【PS4】値崩れの激しいゲームまとめ

Destiny、バトルボーン、BFハードライン、スターウォーズ バトルフロントなどは中古で1000円前後で買えますね…。

 

Star Warsバトルフロント – PS4

中古価格
¥940から
(2017/6/13 10:53時点)

バトルフィールド ハードライン – PS4

中古価格
¥595から
(2017/6/13 10:54時点)


まとめ

一番手っ取り早い方法は、「北米アカウント」の作成ですね。他にも自分のプレイしたいFPSを持っているフレンドにシェアプレイをお願いしたりする方法もあります。PSplusはお金がかかるので、無料…とは言えませんが、安くプレイできます。定期的にゲームのベータテストやトライアルの情報を確認しておくのも大事ですね。