いじめ被害者が考える「いじめ脱出法」

 

こんにちは。今回は「いじめからの脱出方法」について書いていきます。結構重いテーマですが、いじめ被害者として思いつく限りの脱出法を書いていきます。今いじめられているorいじめられそうな人の参考になれば幸いです。

 

私が受けたいじめ

私がニート&引きこもりになるまで…にも書いていますが、中学時代にいじめを受けていました。

中学校自体が荒れに荒れていて、不良が学校中の窓ガラスを割りまくって、後日新聞に載るくらいでした。

私が経験したいじめは、顔を殴られる、体を蹴られる、物を隠される、弁当を盗まれる、髪の毛を引っ張られる、暴言、カツアゲなどなど…。中学1年の時にいじめを受けて、何とか耐えていましたが、2年になってダウン。そのまま3年も学校に行かず、卒業という流れでした。

いじめを受けている最中は、教師は見て見ぬふり。周りも助けてくれないことが普通でした。自分の身は自分で守らないといけないという教訓を学ぶことになりましたね…。もちろん、熱血な教師がいればいじめ問題に取り組んだりするかもしれませんが、ほとんどの教師は「我関せず」を貫いてましたね。

 

ぼくが考えた脱出法

・教師は信用しない

一部の熱血な教師を除いて、ほとんどの教師は見て見ぬふりを貫きます。これは私の実体験です。いじめを目撃しても、少し注意するぐらい。では、どうすれば良いか? それは、教師以外の大人に頼ることだと思います。

自分の親やフリースクールなどの理解のある学校の先生を頼りましょう…学校の教師はあくまで仕事として教師をやってるんですよね。いじめの問題なんて面倒なだけで関わりたくないと思っている奴が大半…。

 

・学校に行くのを辞める

今でも後悔しているのですが、もっと早く不登校になれば良かったなぁと思っています。中途半端に学校に行って、いじめを受けて傷を背負うぐらいなら、はじめから学校なんてものに期待するべきじゃなかったです。

もちろん、出席しないと将来が…内申点が…と思うかもしれませんが、勉強は学校の先生から教わらなくてもできるし、今は通信制高校も充実しているので、そこから大学を目指したりすることもできますからね。

ぼくの学生時代はネットが主流じゃなかったけど、今は「受験サプリ」もあるし、有名講師の授業をネットで見れるし…むしろ学校の先生より教えるのが上手い人ってたくさんいますよね。それをネット経由で学べば、もはや学校ってオワコンなんじゃね?と思っています。

中学に行かない=人生終わり みたいな風潮はやめた方が良いです。私も中学は行きませんでしたが、人生何とかなってます。

ただ、学校に行かないことを勧めると絶対出てくる「学校に行かないと人との関りや社会性が学べない」という奴。なぜ学校だけが学べる場所なのか本当に疑問。今はどこでも学べる時代なんだよ!と言いたい。

 

ぼくがもしもう一度中学生になるなら…

100%学校には行かないですね!これは断言できます。

いじめ、人間関係、人との付き合い…全部ウザいんですよね。何であんなものを耐えないといけないのか?それで自殺を選ばないといけないのか?本当にバカバカしい。学校から離れて自由になれ!と今の中学生に言いたいですね…。

それでも「学校に行くのが人として正しい道だ」という奴は、ホリエモンの本を読めばいいよ。

 

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)

新品価格
¥799から
(2017/6/8 15:00時点)





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム