【PS4】シェアプレイが革命的すぎる! ソフト1つで友達と遊べるぞ! 

 

こんにちは。今回はシェアプレイの裏技?的な機能の紹介です。本当に革命的すぎて感動してます。PS4最高!

 

シェアプレイとは?

そもそもシェアプレイって何だよ?という方は、公式サイトから説明文を引用しておくので読んでみて下さい。

シェアプレイとは?

「シェアプレイ」とは、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)の SHARE ボタンを押して、自分がプレイしているゲームにフレンドを招待し、フレンドがそのゲームを持っていなくても一緒に遊ぶことができるようになる機能です。 自分がプレイしているゲームのクリアーできないシーンを手伝ってもらう、まるで隣に座っているかのように対戦するなど、新しい SHARE の楽しみ方が可能となり、これまでにない形でゲーム体験を友人と共有することができるようになります。

※ ゲームをシェアする側(ゲーム所有者)を「ホスト」、ゲームをシェアしてもらう側を「ビジター」と呼びます。
※ 招待される「ビジター」はゲームタイトルを所有している必要はありません。

 

ソフト1つで友達と遊べる

これが本当に革命的。今までなら、人数分のゲームを購入して、オンラインでマルチ…という感じでしたが、シェアプレイを使えば、本体とネット回線さえあれば、ソフト1つで楽しめます。(ゲームによってはできないものもあります)

例えば、「龍が如く6 命の詩」。今までの龍が如くなら、2Pプレイのミニゲームは、実際に集まってプレイすることしかできませんでした。が、PS4が主流となると、1人のプレイヤーが「龍が如く6」を起動させて、フレンドをシェアプレイに誘うことで、2人プレイを楽しめます。

「龍が如く3」のゴルフをフレンドの自宅で一緒にプレイした経験があるのですが、もうわざわざ友達の家に行かなくてもいいってことですねー…。本当に革命的。龍が如く1本持ってるだけで、ミニゲームもフレンドと気兼ねなくプレイできます。

これだけでもメリットってたくさんありますねー。

・ソフトが1つで良い

・ローカルで実際に集まる必要が無い

・コントローラは各自で用意すれば良い

・自分の持っていないゲームを体験できる

・自分のゲームをフレンドに紹介できる などなど。

 

会社的には損

ユーザーとしてはお得なシェアプレイですがシェアプレイをブロックしているゲームもあります。

有名タイトルで言えば、FPSの「Call of Duty」シリーズ。ゾンビやマルチをソフト1本でシェアプレイして、画面分割でマルチプレイ…はできないみたいですね。

まぁ、これは仕方ないというか、会社の利益を追求すれば、1本だけで皆で出来るより、みんなにソフト買わせた方が儲かりますからねぇ…。

 

注意点

PSplusが必要

PSplusって何やって人はコチラの記事どうぞ→3年間「PSplus」の会員だったので、感想を書いていく。

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム