【おすすめ】通信制高校に実際に通っていた私が考える「通信制高校の選び方」

 

こんにちは。今回は「通信制高校の選び方」について書いていきます。

私は3年間大阪の某通信制高校に通っていました。 元通信制高校だから分かる「通信制高校の選び方」と通信制高校の裏側について書いていきます。

通信制高校に入学するまでの経緯や私の卒業後の進路については、別の記事を読めば分かります。

私の経歴を簡単にまとめると…「中学不登校」→「高校受験せず通信制高校に進学」→「卒業後、関西の某中堅大学に進学」→「その後中退」という感じですね…。

詳しくはこちらにまとめてます。気になる方はどうぞ。

関連記事:私がニート&引きこもりになるまで…

 

経験者が考える「通信制高校の選び方」

・進学実績をアテにしない

たまに、通信制高校でも「旧帝大」や「早慶」などの名門大学に進学したと実績を載せていることがありますが…あれのほとんどは進学校から転校してきた生徒が残した成績です。

なので、進学実績が良い通信制高校は、必ずしも教育や指導が優れているとは限りません。進学実績を、元進学校の生徒が押し上げている可能性が高いです。私の通った高校はまさにそうでした。

なので、元から3年間そこの高校に通った生徒が、どの大学に進学したかを調べる必要がありますね…。ただ、そのあたりの情報は、通信制高校としては出したくない情報なので、調べるのは至難の業です。

あとは、大学合格者の人数を「延べ人数」で計算して、水増ししていましたね。例えばある大学を1人の生徒が4つの日程で合格すれば、合格人数は4人で計算されるということです。

まぁ、これは普通の高校でも行われてることですね…。進学実績を見るときは、人数は少なく見積もってみた方が良いですね。

 

・通信制高校の中でも種類がある

私は「中学不登校」→「通信制高校」という人生を歩んできたので、進学先の通信制高校は「不登校」に対して問題意識を持っているところが良かったです。

2つの通信制高校に絞って説明会に行きましたが、結構特色があって面白かったですね。

ある通信制高校は、重度の不登校や引きこもりの人が多い学校でした。ちなみに、私は用事があれば学校に行ったりテストを受けたりしていたので、その学校の先生に「たまにでも学校に行けているなら、別の通信のほうが良いかもしれません。うちの高校はもっと重度の人が来ることが多いので…」と言われました。

別の高校は、大学の進学率が高く、進学校からドロップアウトした人が多く入学する高校でした。(結局、ここに入学しました。) 学校に行って、テストを受けられるならここがいいと勧められて、面接を受けて合格…という流れでしたね。

話をまとめると…通信制高校はそれぞれ特色があります。「進学に力を入れている」「重度の引きこもりや不登校の生徒向け」…など。それはパンフレットやネットの情報だけだと全てを把握することは難しいので、実際に行ってみて、話を聞いてみることをオススメします。

 

・結局は自分次第

何だかんだ書いてきましたが…結局は、通う生徒本人の問題だと思います。

私の高校は様々な生徒がいました。「進学校で挫折した人」「不登校だった人」「中卒でふらふらしてたけど通信制高校に入った人」「学校の時間を削って、スポーツに打ち込む人」…。

ですが、元進学校でも環境が合わず結局やめていく人もいれば、中学の勉強からやり直して名門大学に合格した人もいましたね。

私も中学の勉強からやり直して、何とか地元の中堅と言われる大学に合格しました。まぁ結局中退したので、どうでもいいことですが(笑)。

なので、結局本人次第としか言えません。これを言っちゃうと選び方もクソもないですが…。

 

まとめ

通信制高校の選び方について書いてみました。内容をまとめると…

 

・通信制高校には、それぞれ特色がある。

 

・通信制高校の進学実績をアテにし過ぎない。元進学校の生徒が良い結果を出しているだけの場合が多い。

 

・実際に行ってみて、話を聞く。生徒の様子を見る。

 

・どの通信制高校を選んでも、通う生徒本人の努力は絶対に必要。

 

以上が、通信制高校経験者が思う、「選び方のコツ」です。何かの参考になれば幸いです。

 

別の記事で、通信制高校のメリット・デメリットについてまとめた記事を書きました。興味があればどうぞ。

関連記事:【評判】経験者が考える通信制高校のメリット・デメリット&大学進学は可能か

 

通信制高校の情報を集めよう!

とりあえず、通信制高校への進学を考えるなら、情報を集めましょう。今はネットのサービスが充実しているので、情報収集がやりやすくなりましたね。なるには進学サイト「通信高校」がオススメですね。

資料の請求や通信制高校の検索はこちら→なるには進学サイト「通信高校」

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム