PS4購入時に「パスコード」と「メッセージ受け取り拒否」を設定しておいた方が良い理由

 

こんにちは。

今回はPS4の機能の中の「パスコード」と「メッセージ受け取り拒否」の設定方法と設定した方が良い理由について書いていきます。

PS4購入から3年ほど経ちますが、本当に購入後すぐにいじっておくべき設定は、この2つでした。同じ失敗を生まないために書いていきますね。

 

パスコードの設定方法

スタート画面から「設定」を押す。

「ユーザー」を押す。

「ログイン設定」を押す。

「パスコード管理」を押して、自分のパスコードを設定すれば完了です。

 

メッセージ受け取り拒否の設定方法

スタート画面から「設定」を押す。

「PlayStation Network/アカウント管理」を押す。

「プライバシー設定」を押す。

「フレンドリストとメッセージの管理」を押す。

「メッセージ」を押す。

メッセージの受け取りを「フレンドだけ」もしくは「許可しない」に設定する。その後、「確認」を押すと完了。

 

メッセージ拒否をした方が良い理由

オンラインマルチプレイをやるなら、煽りメッセージや暴言を避けるために設定しておくべきでしょう。

私はDestiny・CoD・レインボーシックスシージなどのメジャーなFPSをプレイしてきましたが、キッチリすべて暴言メッセージを頂いております(笑)

また、メッセージで別のサイトに勧誘したりするスパム行為があります。メッセージに自分のサイトのURLを載せて、不特定多数にばら撒くという方法です。海外のオンラインゲームをやっているときに、外人からよく届きました。本当にウザいです。





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム