ブログ記事を書くときに集中力をアップさせる7つの方法

 

こんにちは。

今回はブログ記事を書くときに集中力をアップさせるためにやっていることを書きます。

当サイトは2017年8月末時点で約300記事。別で運営しているサイトが140記事ほどあります。

上級者の方に比べたらまだまだですが…ここまで書き続けてみて分かった私なりの「集中力アップの方法」をご紹介します。

 

 

・1文字でいいから書いてみる

ブログの記事を書くとき、どうしてもやる気が出ないときってありますよね?

私も全くやる気が出ない日があります。

そういうときは、1文字でもいいから書いてみることを意識しています。

「今日は○○の記事を仕上げないと!」「1日〇記事書くノルマがある!」…などブログやサイト運営のハードルを高く上げてしまいがちです。

ですが、「1文字書く」のはハードルが低いですよね? 1文字ぐらいなら…と思って作業に取り掛かったら上手く行ったも同然。

1文字、2文字…10文字と書けるはず。1文字書き始めると、途中で辞めるのが気持ち悪いはず。

 

 

・過去の収益をPV見てモチベーションを上げる

自分がブログで記事を書くのに意味があるのか? PVが伸びない。収益が伸びない。だんだんモチベーションが出なくなる。

全部自分が経験したことですね。

私もブログを立ち上げて半年は、収益もPVも全くダメでした。

グーグルアドセンスの広告が0円~1円を彷徨う時期が続きました。

あの頃と比べれば、月々のサーバー代とドメイン代をペイできて、お小遣い程度ですが収入が増えました。

自分の一番ダメだった時期の収益やPVと今を比べて「十分な結果が出ている。この調子で頑張ればイケる!」と自分を鼓舞してました。

 

 

・目標のハードルを下げる

「ブログで○○万稼ぐ!」「○○万PVを目指す!」と目標を掲げる人がいます。

もちろん、間違いではないですし、素晴らしいことです。

ですが、目標と自分の位置の乖離に苦しむでしょう。

私は目標のハードルをすごく低めに設定していました

「アドセンス昨日0円だったけど今日1円あったぞ!」「1円の収益なら次は2円を目指そう!」「昨日よりPV数が1伸びた!嬉しい!」

目標のハードルを下げる。目標を細分化して、達成感を感じるポイントをたくさん作るのがポイントですね。

 

 

・時計を置く

ブログ記事を書いている場所の近くに時計を置きましょう。

時間を確認するためでもありますが、もうひとつ役割があります。

時間制限を設けるためです。

「お昼ご飯の12:00まで記事を書こう」「仕事に行く前の30分で記事を仕上げよう」「やる気が落ちてきたけど、あと10分頑張ろう」

時間制限があれば、人間は頑張れます。ブログの記事も同じ。

 

 

・寝るor仮眠する

どうしてもやる気が出ないときは寝ますね。

眠い状態だと非効率です。寝るのも選択肢のひとつ。

寝て起きると頭がスッキリしますよね。1時間~2時間ぐらいは集中して書けます。

ゲームでブーストアイテムを使ったような感じ。ずっとあれが続いたらいいんだけどなぁ…。

 

 

・ウォーキングをする

ブログの記事が進まなかったり、アイデアが思いつかないときは、外をウロウロしてます。

スマホ片手に、思いついたことを全部メモしてますね。

家の中で頭を使うより、外で歩いて考える方がアイデアが出やすいんですよね。理由は分からないけど。

 

 

・シャワーを浴びる

ウォーキングした後はシャワーを浴びてます。

シャワー中にもブログのアイデアを考えてますね。

運動してシャワーを浴びて、冷たい飲み物を一杯飲むと頭がリセットされて集中できます。

 

「寝る→起きて1~2時間記事を書く→ウォーキング→シャワー→1~2時間記事を書く→仮眠→1~2時間記事を書く」が理想ですね。

なかなか実行できてないですが…。

 

机に向かってすぐに集中する技術

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム