Warframeは課金しなくても遊べる無料ゲーム! 3年以上無課金でプレイした感想を書いてみる。

 

こんにちは。

今回は、Warframeは無課金でどこまでプレイできるのかについて。

3年以上Warframeをプレイしてきた筆者が感想を交えて書いてみます。

プレイ時間は327時間ほど。

ログイン日数は360日ほどなので…3日に1回プレイしているペースですね。

Warframeはなぜかモチベーションの上下が激しいんですよね…。

それでも無課金で3年続いたゲームはなかなかないです。

 

 

・課金しなくても遊べる理由

Warframeは、欲しい武器やフレームがあれば、設計図入手して、必要な素材を使用すれば自力で作成できます。

作ったフレームは10以上ですが、課金して買ったことはありません。

Prime系のフレームも亀裂ミッションで収集すれば作成できます。

Prime系の武器も少ないですが、いくつか持ってます。

SomaやParis、Orthosなどを自力で揃えました。

シンジケート武器もトレードできるが、自力でランクを上げてゲットしました。

また、Warframeはトレード機能があります。

すでに入手したPrimeのパーツや設計図、MODをトレードできます。

つまり、トレードでプラチナを貯めれば、いくらでも欲しいものを買えるということです。

トレード専用のチャットルームがあるぐらい人が多く、頻繁に売り買いのメッセージが出ています。

フレームの外装は、基本的に設計図での作成ができません。

ですが、トレードでプラチナを貯めてれば、課金しなくても買えちゃいます。

あと、2週間に1回どこかのリレーに来る商人が外装を売ることがあるのを利用できます。

 

 

・まとめ

Warframeの運営元のDEは本当に利益が出ているの心配になるぐらいの良心設定です。

外装やカラーパレットに課金するぐらいですかね…それすらもトレードでプラチナを貯めれば購入できます。

よくあるスマホゲーのガチャ要素は少ない(MODの変換ぐらい)のも嬉しいですね。