【R6S】感度の「デッドゾーン」とは? いくらがオススメ?

 

こんにちは。

今回は、レインボーシックスシージ(R6S)の解説記事です。

感度設定の中にある「デッドゾーン」とは何なのか?を解説します。

 

 

・デッドゾーンとは?

R6Sのデッドゾーンは、いわゆる「あそび」のことです。

数値は5~50までの間で設定できます。

5に近づく(数値が小さい)ときは、スティックを倒したときの反応が速くなります

50に近づく(数値が大きい)ときは、スティックを倒したときの反応が遅くなります

つまり、スティックをすぐ反応するか、反応まで余裕を持たせるかを選べるということです。

数値が小さいほど、とっさの反応速度が速くなりますが、早すぎてエイムがブレるリスクがあります。

数値が大きいと、遊びを使って細かいエイムができますが、素早いエイムが難しくなりがちです。

一長一短なので、自分に合うものを探しましょう。

 

 

・数値のおすすめは?

私は、両スティックのデッドゾーンを「10」に設定しています。

マルチプレイは1,000戦以上プレイしましたが、10がシックリきましたね。

ただ、感度関連の設定は、個人個人で好みが分かれるので、自分に合うものを探しましょう。

最小の5だと、反応が良すぎて細かいエイムが難しくなるんですよね…。

とっさの振りむきが速くなるメリットがありますが、エイムがブレブレになるのでやってませんね。

 

 

・まとめ

R6Sのデッドゾーンの解説は、以上になります。

デッドゾーンや感度を微調整しながら、カスタムゲームやテロハントで試してみましょう

自分に合う感度が見つかったらマルチに挑戦するのをオススメします。

カスタムゲームのやり方は、次の記事をどうぞ↓。

【R6S】カスタムマッチの設定方法まとめ。カメラ位置やマップを覚えるのに使おう!

あとは、エイムがどうしても苦手ならアタッチメントを使ってみると良いかもしれませんね。

通販で1,000円前後で購入できるのでオススメです。

FPSスティック 狙

新品価格
¥791から
(2017/10/9 17:38時点)

もしくは、FPS向けのコントローラーを使ってみるのもオススメですね。

【連射機能搭載】ホリパッドFPSプラス for PS4 ブラック

新品価格
¥5,000から
(2017/10/9 17:41時点)

 

 

・関連記事はコチラ!

レインボーシックスシージ(R6S)に関する記事をいくつか書いています。

参考にどうぞ。

R6S初心者へ。はじめの内に設定しておいた方がいい項目まとめ。【PS4】

初心者の方のオススメ設定をまとめています↑。

【R6S】トロフィー「人の壁」をゲットしたので、やり方を解説していくよ!

難関トロフィーのひとつ「人の壁」を獲得したので、コツをまとめました↑。

【R6S】ガチャ(アルファパック)でレジェンダリーが出る確率を検証してみた!

アップデートで追加されたガチャのレアアイテムが当たる率を検証してみました↑。

名声ブースト&ボーナスイベントで1時間テロハント周回すると名声はいくら稼げるのか検証してみた【R6S】

ブーストを使いまくって、テロハントを周回すればどうなるのかやってみた記事ですね↑。