新規(独自)ドメインを取得するときに注意することまとめ! 騙されないように注意しよう!

 

こんにちは。

今回は、独自ドメインを取得するときの注意点を紹介します。

私は今まで5回以上独自ドメインを購入した経験があるので、それをもとに気づいたことや気を付けた方が良いことを書きますね。

 

 

・独自ドメインが良い理由

注意点を書く前に、そもそもなぜ独自ドメインの方が良いのか?を解説しておきます。

無料のブログサービスを利用しても良いのですが…個人的にはオススメしません

カスタマイズ性が少ないですし、運営元の広告が表示されることがあるからです。

無料のブログサービス自体が終わる可能性もありますからね…。

独自ドメイン+サーバーレンタルでも月1,000円~2,000円程度で済むので、安い投資でしょう。

ちなみに、私の持っているサイトは、すべてエックスサーバー」と「スタードメイン」で運営してます

なぜその2つを選んだのかは後で書きますね。

 

 

・Whois情報に注意

Whois情報公開とは、サイト運営者の情報です。

情報を代行してもらうことで、自分の情報ではなく、ドメインの運営元の情報を載せてくれるので個人情報保護につながります

ドメインを取得する時は、Whois情報公開代行にチェックを入れましょう。

特に、お名前.comでドメインを取得する時は注意です。

チェックを入れ忘れると、それ以降はWhois情報公開代行が有料になるという糞仕様です。

私は、お名前.comのドメイン取得時にチェックを入れ忘れて、メールが届いて気づきました。

いやいや、こんな派手なメール送るならはじめからチェック入れておけよ…。

結局、嫌気がさして「スタードメイン」に移管しました。

お名前.comは2度と利用しませんね。

GMOが運営元になっているドメインは2度と使いません。

 

 

・日本語ドメインはオススメしない

ドメインの取得で迷うのが、日本語ドメインか英語ドメインにするかです。

当サイトは、日本語ドメインです。他の所有しているサイトは英語のドメインです。

両方とも取得してみた身としての意見は…英語ドメインをオススメします

理由は簡単。日本語ドメインは面倒だからです。

例えば、当サイトのURLをツイッターに貼ってみるとこんな感じ↑

日本語のドメインは、必ず表示されるわけじゃなく、変換されてただの英語の羅列になります

(これをPunyコードと言います。)

サイトのURLをASPやアクセス解析に登録するときに、日本語ドメインだと適用されず、いちいちコードを変換して入力する手間があります

自分が取得したい日本語ドメインを、変換してみると良いでしょう。

コチラのサイトからできます。)

 

 

・ペナルティを調べる

ドメインを新規取得するときの注意点は「ペナルティ」です。

取得するドメインが、過去にペナルティを食らっていないか調べましょう

aguse.jpなどで取得するドメインのペナルティを調べておきましょう。

Googleからペナルティを食らうと、どれだけ頑張っても上位表示されないという悲しい事態に陥ります。

ちなみに、ドメインの運用歴も調べられます

こちらのサイトから調べられるので、事前にやっておきましょう。

 

 

・ドメインはどこがいい?

「ドメイン取得」でGoogle検索をすると上位にお名前.comが出てきますが…オススメしません。

(理由は、先ほども書きましたが…詐欺まがいのWhois情報公開代行の有料化ですね。)

お名前.comの運営元であるGMOは嫌になったのでやめました。

ムームードメインにするか迷いましたが、こちらも運営元がGMOなので避けました。

デフォルトでWhois情報公開代行サービスがついていて、尚且つ安いところを探してみました

最終的に、「スタードメイン」に決めました。

今のところ値段的にもサービス的にも満足しています

 

 

・まとめ

ドメインを取得する時の注意点を思いつく限り書いてみました。

日本語ドメインは変換が面倒なのと、ドメインの運用歴・ペナルティを調べるのを忘れずに。

Whois情報公開代行があるかないかのチェックを怠らないようにしましょう

それでは。

 

超初心者でも10分でできるホームページの作り方: 知識0からでもホームページが作れる (西森堂)

レンタルサーバ活用ガイド

中古価格
¥770から
(2017/10/11 11:57時点)





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム