ジンズ(JINS)でブルーライト&度ありの眼鏡を作ったのでレビューするよ!

 

こんにちは。

今回は、メガネ販売サービスのジンズ(JINS)のレビュー記事です。

JINSでブルーライトつきの度あり眼鏡を作ったので、使用感や評価を書きたいと思います。

 

 

・JINSでメガネを作った

某百貨店にあるJINSの店舗で眼鏡を作ってきました。

値段は5,000円程度でした。(うろ覚えですが…。)

度ありでブルーライト効果付きのメガネです。

レンズはこんな感じ。

折り畳むとかなりコンパクトですね。

レンズの縁の部分と耳の部分の色が違うのがオシャレです。

オマケに四角いメガネケースが貰えました。

 

 

・ブルーライトの効果は?

JINSのブルーライト加工のメガネと通常のメガネを比較してみます。

↑通常のレンズの画像です。

当たり前ですが、色は透明ですね。

↑JINSのブルーライト加工のレンズの画像です。

レンズが薄暗くなっていますね。これがブルーライトカット加工です。

PCやTV、ゲーム機の光を抑えてくれるらしいです。

メガネ越しにPCの画面をみるとこんな感じ。

レンズが薄暗くなっているので、画面の光を感じにくくなります

効果があるかないかは個人差があるので何とも言えません。

ただ、ブルーライトのメガネを外して、普通のメガネや肉眼で画面を見ると明るく感じるので…何らなの効果があるっぽい?

 

 

・気になった点

メガネ本体やレンズが壊れることはありませんでした。

ですが、気になった点がひとつ。

折り畳む部分が緩みやすいですね…。

片側がパタパタしてます(笑)。

 

 

・メリットは?

JINSでメガネを作るメリットを考えてみました。

私が思いついたのは「すぐ作れる点」「コスパが良い点」ですね。

店舗で処方箋の紙を渡して数時間で作ってもらえました。

当日にお願いして作れるので、急ぎで眼鏡が欲しい人に便利ですね

(※私の場合は当日でした。)

あとは、1万円以下で十分なメガネが作れるのでコスパが良いですね

(※オプションによっては高額になる場合があります。)

ブルーライト加工のメガネを安い値段で試したい!という人にもオススメできます。

 

 

・デメリットは?

顔が大きかったり、ゆがみがある人は専門店に行った方が良いです。

私は顔が大きく(ティッシュの箱ぐらいある)、目の高さにズレがあります。

JINSのメガネは、標準的なサイズのものしかありません。

私は、いちばん大きいメガネを作ってもらいましたが、顔が大きいので耳の部分がキツくて仕方なかったです。

結局、後に専門店で大きい顔にフィットするメガネを作ってもらいました。

顔のゆがみも測定してもらって、若干メガネがナナメになっています。

JINSでは専門店ほどのサービスはないですね。値段を考えると仕方ないことですが。

JINSのメガネと専門店で作ってもらったメガネの比較です↑。

顔の大きい人やビッグサイズの眼鏡が欲しい人はJINSを避けた方が良いかもしれませんね。

専門店で作ったメガネをメインに使って、JINSはノートPCを操作する時にしか使いませんね。

サブのメガネとして十分役立っているので元は取れてますが。

あと、JINSは利用者が多いので、メガネが被ることがありますねー。

さすがに色まで被ることは少なったですが、同じ型番のメガネをかけている人をよく見ました。

他の人と違う個性的なメガネが良い!という方は避けた方がいいかも。

 

 

・まとめ

JINSのメガネについて思ったことを書き殴ってみました。

私の主観と独断と偏見が混じっているので、あまり参考にはならないかもしれません。

詳しい情報をチェックしたい方は、公式サイトをオススメします。

 

詳細はコチラ→JIN’s オンラインショップ

 

【JINS PC スクエア ハイコントラストレンズ】PC(ディスプレイ)専用メガネ (度なし)(BLACK)

新品価格
¥3,947から
(2017/10/11 04:19時点)


 

【JINS SCREEN クリアレンズ】スクエア (BLACK)

新品価格
¥4,176から
(2017/10/11 04:20時点)


 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム