【Warframe】オロキンカタリストの使い方は?入手方法やおすすめの武器を紹介するよ!

 

こんにちは。

今回は、Waframeのオロキンカタリストの使い方・入手方法・どの武器に使うべきかを解説します。

初心者の方は参考にどうぞ。

 

 

・使い方

オロキンカタリストの使い方は簡単です。

①アーセナルの画面を開いて、使用したい武器のMOD画面を開きます。

②アクションボタン(PS4ならR3)を押します。

③「アップグレード」を選びます。確認が出るので「はい」を選択します。

アップグレードが完了すれば、左上のMOD容量が使用前の2倍になっているはずです。

 

 

・入手方法

オロキンカタリストの設計図の入手方法は…

①課金して手に入れる

②ソーティーミッションの報酬

③イベントの報酬

④アラートミッションの報酬

他にもあるかもしれませんが、主な入手先は、この4つです。

初心者の方がいきなりソーティーに行くのは難しいです。

イベントに参加するか、アラートミッションでの入手がオススメです。

課金でオロキンカタリストを買えますが…オススメしません

後半になればリアクターは余りますし、無理して序盤に課金して買う必要がありません。

 

 

・素材の集め方

オロキンカタリストを作成するには、素材とクレジットが必要です。

集め方を書いていると長くなるので、別の記事を参考にしてください。

【Warframe】オロキンセル、ニューロードなど貴重な素材の集め方を解説していくよ!

 

【Warframe】おすすめのクレジット稼ぎのポイントを解説していくよ! 最大で80,000クレジットは余裕!

 

 

・どの武器に使えばいい?

初心者の方は、間違って初期武器に使わないように。

現状の武器は、ほとんどが上位互換があります。

例えば、Somaなら上位互換のSoma Primeがあります。

(Prime以外にも、シンジケート版・Prisma版の武器もあります。)

つまり、武器に使う前に、上位互換のものがないかよく調べてから使うべきですね。

 

 

・まとめ

いろいろ書いてから、こんなことを言うのもアレですが…

好きな武器があるなら使ってみましょう。

後半になればなるほど、オロキンカタリストの入手がしやすくなります。(序盤は貴重だけど。)

初心者の時は、弱い武器にも普通に使ってましたねぇ…(笑)。

Warframeは武器自体が弱くてもMOD構成とカタリストで何とでもなりますからね。