ウォークマン Fシリーズを3年以上使い倒したのでレビューするよ。

 

こんにちは。

今回は、ウォークマン Fシリーズ(Walkman F Series)のレビューです。

数年前に買って使い倒したので、今さらですが使用感や良い点・悪い点をまとめました。

 

 

・見た目

正面はこんな感じ。

タッチスクリーンになっています。

画面下に自分の好きなアプリを配置できます。

画面のアプリも好きな位置に自分の好きなアプリを置けます。

今までのウォークマンと違って独自のカスタマイズが可能です。

 

裏面はこんな感じ。

ウォークマンのロゴが刻印されてます。

電源は本体の上の側面にあります。

軽く押すと画面を暗転させます。

長押しすれば、本体の電源が切れます。

 

音量調節は、横の部分からできます。

ウォークマンのボタンは、どの画面からでも再生中の曲を確認できます。

曲の停止や再生、スキップなどの操作が可能です。

充電部分やイヤホンジャックは下の部分ですね。

スピーカー内蔵なので、デバイスがなくても音楽を聴けます

逆に言うと、イヤホンがちゃんと差し込まないと音が鳴るので注意。

スピーカー同梱版を買ったので、こちらも載せておきます。

本体の充電&スピーカーの機能があります。

端子さえ合えば、過去のウォークマンシリーズにも対応してます。

 

 

・サイズ

個人的に、サイズはちょうど良い感じです。

ズボンのポケットにも入りますし、特に違和感はないですね。

 

 

・スピーカー

本体内蔵のスピーカーは、音質がそこまで良くはないですね。

まぁ、音が聞こえる程度なので、ガッツリ聞きたい人は専用のものを買った方が良いでしょう。

 

 

・容量

最小でも16ギガバイトなので、曲の容量には困らないはずです。

今まで2~8ギガで容量に困っていた人なら満足できるでしょう。

私も2ギガバイトのウォークマンからFシリーズに乗り換えました。

ただ、アプリをたくさん入れる人や音楽以外にもいろいろ使う人なら16じゃ物足りないかもしれません。

32ギガバイトのものがあるので、そちらをオススメします。

 

 

・多機能

iPhoneやAndroidの携帯のように、色んなことができます。

Youtube、ゲーム、ブラウザ、Wifi接続、メールなど。

メインは音楽ですが、ネット環境さえあれば普通の携帯に匹敵するほど多機能です。

 

 

・もっさり感

iPhoneを使っている人(私もです)は、操作のモッサリ感に苦戦するかもしれません。

タッチしてすぐに反応しないことが多く、1~2秒のタイムラグが頻発します

正直、そこまで気にならないのですが、iPhoneなどのサクサク動くスマホに慣れている人は戸惑うかもしれません。

 

 

・まとめ

ウォークマンFシリーズの使用感や良い点・悪い点を私なりに殴り書きしてみました。

かれこれ3年以上は使い倒したので満足してます。

今なら中古でかなり安く買えるのでオススメですね。

確か新品なら1万~2万ぐらいした覚えがありますね…。

SONY ウォークマン Fシリーズ 16GB ブラック NW-F805/B

中古価格
¥3,866から
(2017/10/14 14:54時点)

32ギガだと少し値が張りますね。

SONY ウォークマン Fシリーズ 32GB ブラック NW-F806/B

中古価格
¥8,500から
(2017/10/14 14:54時点)

最新は「Aシリーズ」ですね。

容量が64ギガバイトになり、最大39時間連続再生に対応しているみたいです。

最新のタイプでガッツリ聴きたいならコチラがオススメですね。

ソニー SONY ウォークマン Aシリーズ 64GB NW-A47 : ハイレゾ/Bluetooth/microSD対応 最大39時間連続再生 2017年モデル トワイライトレッド NW-A47 R

新品価格
¥38,479から
(2017/10/14 14:55時点)

 

・関連記事はコチラ!

ウォークマンEシリーズを使ってみた感想・レビューを書いていくよ!

 

ソニーのBluetoothイヤホン「MDR-NWBT20N」を買ったのでレビューするよ!

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム