ライトニングケーブルを長持ちさせる方法&壊れにくくする対策をまとめるよ。

 

こんにちは。

今回は、ライトニングケーブルを長持ちさせる方法と壊れにくくする対策をまとめました。

iPhoneユーザーにとっては必須なので、参考にどうぞ。

 

 

・純正は壊れやすい

Appleが販売している純正のライトニングケーブルは本当に壊れやすいです。

iPhone5からAppleユーザーなのですが、ケーブルは3本以上ダメにしています。

まず、ケーブル自体が細すぎます。

根元部分がえぐれて、剥き出しになってますね。

あと、ライトニング自体が独自規格なので…マイクロUSBみたいに汎用性のあるものじゃないのが辛いですね…。

 

 

・根元を補強する

純正のライトニングケーブルの根元は本当に耐久性がないです。

なので、2本目を買ったときは、根元をテープで補強してました。

効果があったかは謎ですが…無いよりマシでした。

ですが、2本目もテープで補強したけど剥き出しになりました。

 

 

・しの字に注意

iPhoneを充電しながら使うときに、ケーブルが「しの字」にならないように注意しましょう。

というか、そもそも充電しながら使うこと自体があまり良くないらしいですね…。

特に寝ながらiPhoneをいじるときにケーブルがぐにゃっとなるので注意しましょう。

 

 

・L字型を使う

「そんなこと言われても、寝ながら使いたいんじゃ!」という方は、L字ケーブルがおすすめ

純正ケーブルならグニャっとなりますが、L字型ならなりません。

というか、純正自体をL字にしておいてくれよ…。

 

 

・耐久性のあるものを選ぶ

先ほども少し書きましたが…純正のケーブルは耐久性がありません。

結局、Apple製のケーブルは諦めて別のものを買いました。

買うときに注意することは、やはり「根元の太さ」ですね。

参考までに、私が愛用しているケーブルの画像を載せておきます。

もう少し純正は太くならなかったものなのか…。

 

 

・Appleは独自規格をやめろ!

Appleは、ライトニングケーブルという独自規格をやめるべきです。

(Apple製品に限ったことではないですが…。)

個人的には、全部マイクロUSB化すりゃあいいんじゃないですかね。

 

 

・まとめ

自分なりのライトニングケーブルの注意点や対策を殴り書きしてみました。

個人的に純正はオススメしません。

太くて丈夫なものを選びましょう。

ライトニングケーブル L字型Cagayan 1m 急速充電 iphone 充電 ケーブル 赤・黒 TPE材質 エル型 lightning ケーブル iPhone/ iPad /iPod各種対応 ios10互換 アイフォン コード

新品価格
¥599から
(2017/10/17 18:08時点)

根元が曲がるのを防ぐならL字ケーブルがおすすめ↑。

【3本セット/2M】iPhoneケーブル Jayuer ライトニングUSBケーブル 急速充電 USB充電データ転送ケーブル iPhone 7 / 7 Plus / 6s / 6s Plus / 6 / SE / iPad Air / Mini – ブラックブルー

新品価格
¥750から
(2017/10/17 18:11時点)





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム