農家のバイト1年やってみて分かったメリット/デメリットをまとめておく。

 

こんにちは。

今回は、農家のバイトの良い点/悪い点(メリット/デメリット)をまとめておきます。

実際に農家のバイトをやっていたので、私の経験から書いてみます。

 

 

・メリット

【体力がつく】

農家のバイトは、まさに肉体労働です。

野菜の収穫、野菜の運搬、軽トラに野菜を載せる、雑草抜き、肥料を撒く…挙げたらキリがないですね。

屋内作業で皮むきや箱詰めをする仕事なら体力はそこまで必要ないです。

ですが、屋外作業なら間違いなく体力がつきますね。

 

 

【野菜がもらえる】

農家によりますが、仕事終わりに出荷できない野菜を分けてもらえます

私は、ネギやトウモロコシ、枝豆をよく貰ってました。

食費が浮くのですごーくありがたかったですね。

ただ、2つ目に就職した農家は、野菜を従業員に配ることは無かったです。

やはり、農家によって違うみたいですね。

 

 

【早寝早起き】

バイトをしていた時は、朝4~5時に起きてましたね…。

日の出ない朝早くから収穫する農家だったので、とにかく早起きになりました。

そのまま収穫した後、出荷作業をするので12時ごろまでぶっ通しで働きます。(合間に軽い休憩あり)

帰ってきたら本当に良く眠れます。

生活リズムが崩れている人は、農家で働くと嫌でも治りますよ。

 

 

・デメリット

【時給が低い】

重労働にも関わらず、時給がかなり低いです。

私は2つの農家でバイトしてましたが、両方ともその地域の最低賃金とほぼ同じでした。

(1つ目は800円 2つ目は780円。)

正直、労働から考えたら時給1,000円は貰ってもいいぐらいキツい仕事なんですけどね…。

もちろん、高い時給を出している農家がありますけど、数は少ないですね。

 

 

【シフトが不定期】

工場や会社で働いている訳ではないので、シフトが不安定です。

雨が降って仕事が中止になったり、明日雨が降ると分かれば、前日多めに収穫するので仕事量が増えたり…。

「週4日4時間勤務」みたいにシフトをちゃんと組めることはまずありません。

酷い時は、「明日休み」と言われて家にいたら「今から来れる?」と電話がかかってきました。

なので、休みの日も電話がかかってこないか気にしないといけませんでしたね。

 

 

【体に負担がある】

メリットで「体力がつく」と書きましたが、逆に考えると負担が大きいです。

特に腰痛持ちの人は、野菜の収穫のときに中腰になるのが難しいかもしれません。

あとは、腕と脚にかなり負担がかかりますね…。

どうしてもキツいなら、屋内作業の仕事を選ぶべきですね。

 

 

【人間関係】

農家の社長は気難しくて怖い人が多かったですね…。

「農家の仕事は人と関わらずに黙々とできる」のは間違いですね。

仕事なので嫌でも人間関係はあります。

私は1年ほどやりましたが、慣れなかったですね…。

農家の社長が来るときはビクビクしてました。

 

 

【まさに農奴】

まぁ…農家のバイトは、まさに「農奴」です。

低い時給で、超キツイ肉体労働です。

はじめるかどうかはよく考えてからにしましょう。(マジで)

まぁ、はじめるとほとんどの方は「割に合わないなぁ」と思うはずです(笑)。

 

 

・総括

「百聞は一見に如かず」なので、気になるならはじめて見るといいかもしれません。

私は「タウンワーク」でバイトを見つけました。

農家のバイトを探すなら使ってみるといいかもしれませんね。

余談ですが、ハロワで農家のバイトを探すのはやめたほうがいいですよ。

 

 

・関連記事はコチラ!

ネギ農家アルバイトの仕事はこんな感じ! 仕事内容を書いていきます。

 

農作業に役立つ&必要なグッズまとめ。これから始める人は参考にどうぞ。

 

農家の仕事を探すならハロワは絶対にやめておけ! 応募したけど返事すらなかったぞ…。

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム