山田孝之節が炸裂! 「実録山田」の笑ったところまとめ。

 

こんにちは。

今回は、山田孝之さんが執筆された「実録山田」を読んでみたのでレビューします。

先に言っておきますが、万人受けしないマニアックな本です。

 

 

・買ってしまった…。

山田孝之さんは俳優としても人間としても大好きです。

ファンなので、本を買っちゃいました。

本の表面には、山田孝之さんの顔と黒いモザイクが。

内容は、山田さんが書きたいことをひたすら書いている感じですね。

章と章のあいだには、写真つきの短文が。

Twitterのつぶやきのような、ちょっとしたことが書かれています。

一通り本を読んでみたので、クスッと笑ってしまった箇所をピックアップしておきます。

 

 

・ルック山田現象

自身の「山田」という名前について昔は悩んでいたみたいです。

自分の名前を馬鹿にされる現象を「ルック山田現象」と命名

 

 そもそもこの”ルック山田現象”とは何か。

山田という名前は馬鹿なお前たちでも読めるから、いや、失礼、山田という名前は単純で読みやすい故、至る所で例として使われるのだ。

役所や銀行で記入する際の見本、そして国語の教科書など。英語ならジョンというところだ。

だから幼稚なお前たちは、いや、失礼、山田以外の皆さんは山田に対してのイジリとして頻繁にネタにする。

そして今、全国で泣いている山田さん達にまず最初に訪れた”ルック山田現象”は国語の授業だろう。

国語の授業で先生が例文を読み”山田”に差し掛かったその瞬間、貴様らのニヤニヤしたクソみたいな顔、いや、失礼、山田以外の皆さんは一斉にクラスにいる山田を笑顔で見てくるのです。

 

ということは、「山田孝之」は芸名じゃなくて本名なんですかね?

個人的にそちらの方が驚きなのですが…(笑)。

そういや、私の中学時代にも「山田」という生徒がいたけど、確かにイジられてましたね…。

「山田」という名前だけで、少し小ばかにされる感じ…何となく分かります。

顔が整っていてたら名前何て気にすることないと思うのですが、悩みは尽きないらしい…。

 

 

・カレーうどん

クスッときたのがもうひとつ。

話と話の間にある見開き1ページで書かれているカレーうどんとBGMについて。

 

京都駅構内のうどん屋でカレーうどんを食っていた時店内のBGMが琴とバイオリンで演奏する平井堅さんの『POP STAR』で文化が混ざりすぎて何を食っているのかわからなくなってしまったのは当然のことなのかもしれない

 

近所のうどん屋でカレーうどんを食っていた時店内のBGMが『SAY YES』のオルゴールver.で次がMISIAの『Everything』のオルゴールver.だったので僕は生涯カレーうどんをまともに食べることは出来ないのだろうと悟った

 

山田孝之さんはカレーうどんを食べている時こんなことを考えているのかぁ…!」というマニアックな気持ちに浸れます(笑)。

あと、カレーうどんを食べている姿がめちゃくちゃカッコいいんですよね…。

 

 

・まとめ

こんな感じで、山田さんが考えている内容を面白おかしく書いている本が「実録山田」です。

タイトルの通り、山田孝之を実録した本ですね…。

1度読めば、お腹いっぱいです。読み返すことはないと思いますね…。(悪い意味はないです。)

 

記者から読み終わった後の利用法を聞かれると、またも山田は「ブックオフ!」と告げ会場を沸かせる。最後に「なんだ、これ!って投げ捨てて、3秒後にまた拾って読みたくなる本を作りました」と笑顔で著書をPRし、発売記念会見は終了した。

映画ナタリー – 山田孝之「実録山田」発売記念会見、防弾盾持参で「身の危険を感じています!」から引用)

 

山田さん本人が、読み終わった後ブックオフでOKな本だと仰ってますね(笑)。

山田孝之ファンで、彼の独特の世界に浸りたい人はぜひ!

 

実録山田

新品価格
¥1,400から
(2017/10/27 13:54時点)

山田孝之さんが出演されている映画を観るならHulu」「U-NEXT」がオススメですね。

お試し期間を利用すれば、無料で映画観れますよ。

 





 

FPSゲーマーおすすめのスマホゲーム