レインボーシックスシージ(R6S)の用語を解説してみる。

 

こんにちは。

今回はレインボーシックスシージ(R6S)の用語を解説してみます。

(中には、レインボーだけでなくFPSなどのゲーム全般でも使う用語が混じっています。)

 

 

・インジャー

負傷状態のこと。

英語の「injured」から。

両者とも負傷しているのを「両インジャ―」という。

 

 

・イングレ

インパクトグレネードの略。

防衛側が持てるガジェットのひとつ。

 

 

・キャリー

1人~数人がチームを引っ張って勝利に導くこと。

R6S以外でも使う。

 

 

・工事

壁に穴を開けること。

特に人が通れるサイズの穴を開けることを指すことが多い。

 

 

・下げラン

あえて自分のランクを下げてランクマッチに参加すること。

もしくは、フレンドに極端にランクが低い人を故意に連れて行って低ランク帯を狩ること。

 

 

・ランクマ

ランクマッチの略。

カジュアルと違い、試合時間が3分。

10試合終えるとランクが付与され、勝ち続けるとランクが上がる。

ランクはコ゚ッパー→ブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ→ダイヤの順番でダイヤに行くほど高い。

 

 

・カスタム/カスタムマッチ

試合の条件を自由に設定して行えるマッチのこと。

 

 

 

・x軸 y軸

視点の感度を設定するときの項目。

xが横、yが縦の感度。

 

 

・有刺、シャリシャリ、鉄線

防衛側が持てるガジェット「有刺鉄線」のこと。

攻撃側が有刺鉄線の上を通ると移動速度が遅くなる。

ブリーチング弾やフラグ、近接攻撃などで破壊可能。

 

 

・割役

補強壁を破壊できるオペレーターのこと。

「テルミット」「ヒバナ」を指す。

補強壁を破壊できるオペレーターが死ぬと、攻め方が少なくなるので責任重大。

 

 

・遊撃

防衛側が目標エリアから離れた場所で攻撃側をかく乱させること。

シージは時間切れになれば防衛側が勝利するので、時間稼ぎとして遊撃が行われる。

上手いプレイヤーなら遊撃でキルを奪う者もいる。

 

 

・ラペ

ラぺリングの略。

建物にフックをかけてぶら下がること。

ラぺリング中に姿勢を変更して逆から覗くのを「逆ラぺ」、ラぺリングしている人を防衛側が倒すのを「ラぺ狩り」という。

 

 

・シールド

盾持ちのオペレーターのこと。盾自体を指す場合もある。

また、ブラックビアードの銃に装備可能なシールド、防衛側の展開型シールドを指す場合もある。

 

 

・ブリーチング/ブリチャ

アッシュのブリーチング弾、攻撃側のガジェット「ブリーチングチャージ」のこと。

 

 

・棺桶(かんおけ)

防衛側のオペレーター「キャッスル」が特定のエリアを強化バリケードで囲って味方が出られないようになること。

 

 

・ヒートチャージ

攻撃側オペレーター「テルミット」の固有スキル。

強化された壁を破壊できる。

 

 

・フラハイ

アタッチメント「フラッシュハイダー」の略。

 

 

・サプ

サプレッサーの略。

銃の発砲音が小さくなるが威力が下がる。

撃たれた側は撃たれた方向(インジケーター)が表示されない。

 

 

・コンペン

アタッチメント「コンペンセイター」の略。

 

 

・ホロ

ホロサイト、ホログラフィックサイトの略。

 

 

・エーコグ/ACOG

倍率のあるサイト。

遠距離の撃ち合いに強い。

 

 

・リフレックス

等倍サイト。

三角のトライアングルがある。

 

 

・レッドドット

サイトの一種。

等倍で丸い形状、中央に赤点(レッドドット)がある。

 

 

・アイアンサイト

何もサイトを付けていない状態のこと。

デフォルトのサイトのこと。

 

 

・プラント/設置

ディフューザーを設置すること。

 

 

・突き上げ/突き下げ

エリアの上下から攻撃をする(される)こと。

バックのスケルトンキー、フラグ、ニトロセルなど突き上げ(下げ)の種類は様々。

 

 

・xカイロスランチャー/ペレット

攻撃側オペレーター「ヒバナ」の固有スキルのこと。

壁に張り付いたのは「ペレット」と呼ぶ。

強化された壁を破壊するのに使われる。

 

 

・起こす

負傷したプレイヤーを回復させること。

 

 

・ノーリスク

建物の屋上にある落とし戸のこと。

 

 

・開通

穴を開けて通れるようにすること。

 

 

・C4

防衛側が持てるガジェット「ニトロセル」と同じ意味。

 

 

・ADS

イェーガーの固有スキル(Active Defence System)のこと。

また、エイムしている状態(Aim Down Sight)のこと。

 

 

・マット

防衛側オペレーター「フロスト」の固有スキルのこと。

正式名称はウェルカムマット。

 

 

・GU

防衛側オペレーター「リージョン」の固有スキルのこと。

アパレルブランドで同じ名前があるのでややこしい。

 

 

・コンカ/コンカッション

「エラ」と「ゾフィア」が使える固有スキルのこと。

 

 

・ヴァルカメ

ヴァルキリーカメラの略。

 

 

・スケルトンキー

攻撃側オペレーター「バック」の固有スキルのこと。

 

 

・心拍センサー

防衛側オペレーター「パルス」の固有スキルのこと。

 

 

・尋問(じんもん)

防衛側オペレーター「カヴェイラ」が使用可能なアクション。

負傷状態の敵を尋問して敵の場所を一定時間だけ割り出すことができます。

 

 

・EMP

攻撃側オペレーター「サッチャー」の固有スキル。

敵の電子機器を無効化できる。

 

 

・餅つき

敵の補強壁の破壊をバンディットのショックワイヤーでタイミングよく妨害すること。

 

 

・補強/リーンフォース

補強は英語で「リーンフォース」

防衛側が壁を強化すること。

 

 

・ショックドローン/テーザー

ショックドローンは攻撃側オペレーター「ツイッチ」の固有スキルのこと。

テーザーは、ショックドローンから射出可能な攻撃を指す。

カメラやガジェットの破壊、敵への攻撃(1発10ダメージ)が可能。

 

 

・クラスターチャージ/ポンポン

攻撃側オペレーター「フューズ」の固有スキルのこと。

ポンポンは、クラスターチャージ使用中の音から呼ばれるようになった?と推測される。

 

 

・カンデラ

攻撃側オペレーター「イン」の固有スキルのこと。

 

 

・サイレントステップ

防衛側オペレーター「カヴェイラ」の固有スキルのこと。

足音を小さくして移動できるが、武器はハンドガンしか使えなくなる。

攻撃すると負傷状態になる。

 

 

・アイノックス

攻撃側オペレーター「ジャッカル」の固有スキルのこと。

敵の足跡をスキャンして位置を特定できます。

カヴェイラのサイレントステップは足跡が残らないので探知できません。

 

 

・grzmotマイン

防衛側オペレーター「エラ」の固有スキルのこと。

食らうと一定時間だけ視点の移動が遅くなり、音が聞こえにくくなる。

 

 

・エコードローン/妖怪ドローン

防衛側オペレーター「エコー」の固有スキルのこと。

 

 

・ミラ窓/ブラックミラー

防衛側オペレーター「ミラ」の固有スキルのこと。

設置した側からしか見えない鏡。

 

 

・スティムピストル

ドクの回復できるピストルのこと。

味方の回復、負傷状態の味方の蘇生、負傷状態で自分に使う、HPブースト(100を突破できる)に使える。

 

 

・EDD

防衛側オペレーター「カプカン」の罠のこと。

 

 

・アッシュ凸

攻撃側のオペレーター「アッシュ」で相手を開始直後に奇襲すること。

アッシュはスピード3でブリーチング弾持ちなので突撃向きのオペレーターなので選ばれている。

 

 

・ラッシュ

「突撃」の意味。

 

 

・ガレロン

クラブハウス地下防衛の梯子を下りた先の細長い通路のこと。

ガレージのロングを略してガレロン

 

 

・タワー

オレゴンにある高い塔のこと。

また、オペレーション「White Noise」で追加された新マップのこと。

 

 

・クラッチ

ディフューザーを設置されたあと、防衛側が敵を倒して解除に成功すること。

FPS全般においては「不利な状況を覆して勝った」という意味。